• TOP
  • NEWS
  • 【企業コンディショニング】第3回株式会社システムミラ研修実施。

【企業コンディショニング】第3回株式会社システムミラ研修実施。

2020/02/17

【コーポレート・コンディショニング】
Corprate Conditioning at System MIRA, Yokohama.

体験会リビュー(第1回目)
第2回目リビュー

弊社のクライアント企業(年間契約)である(株)システムミラ様にて、チームビルディング研修及びエクササイズ指導を実施しました。
昨年2月の体験会、6月の第1回に続き、定例会議という月に1度全社員が集まる機会に第3回目のコーポレート・コンディショニングとなり、2人の来季内定社員をはじめ、25名の社員が参加しました。

今回も田中社長と事前の打ち合わせより、打3回目はエクササイズの時間を多く持ち、個人の健康管理の意識を向上させることを目的としました。「健康な個人が健康な組織を作る」をテーマに約70分間のプログラムとなりました。

イントロダクション
・弊社プロフィール
・ストレングス&コンディショニングコーチの役割とは(プロ野球界における役割)
・何故企業はコンディショニンググループを置かない?
企業が最大限機能し、生産性を上げるだけでなく、個人、組織として所属する企業の価値をあげるためは弊社が勧める事業が必要なのではないかということを投げかけました。初参加の方々への紹介もかねて。

前回の振返り
・自主性と統率性への理解、確認
・リーダーシップとフォロワーシップについての理解、確認
・より良い組織にするには?
・2回分のデータ集計と発表

2月のテーマであった「自主性と統率性」、6月のテーマであった「リーダーシップとフォロワーシップ」の重要性の理解を確認し、集計データより他人の意見が自分の意見とどように異なるのか、個々がどんな価値観を持っている他のかを認識。

エクササイズ(インナーマッスルを優位にするドリル)実践
前半はエクササイズから。12月、1月とプロ野球選手の自主トレサポートを行った弊社S&Cコーチ、J.T.こと、高橋純一が実際にプロアスリートが行っている内容を説明。ビジネスマンにも有効である「インナーマッスル」を刺激するエクササイズを実践しました。
・インナーマッスル刺激による姿勢、体の連動への導き
・個人の健康管理の一例としてのエクササイズ紹介
上体ひねりや前屈をチェックしてからインナーマッスルエクササイズすることで2つのチェック項目が改善することに驚いていました。



◆ディスカッション
来年度(2020年度)も年間契約を継続することが決定する中、次回はよりチームビルディングへの取り組みを活発化させようと、「次回なにする?」をテーマに4~5名でグループで作り屋外、屋内でできるプログラムを社員自らアイディアを出し合いました。これまで以上に活発で楽しいディスカッションの時間となりました。会社の仕事時間でチームビルディングワークをすることは素晴らしいことですね。





2019年度の取り組みと2020年度の方針
2019年は3回の研修機会を持ち、田中社長の狙いである「和」をテーマに、ディスカッションを中心としたチームビルディングと個々の健康の増進のためにエクササイズパートを組み合わせた内容でコーポレート・コンディショニングをスタートしました。来年度は更に具体的な取り組みと個人の健康増進の機会を果たしたいと思います。年間軽薄企業第1号として弊社コーポレート・コンディショニングを取り入れることで企業の価値の向上や生産性の向上に貢献できれば幸いです。

-------------------------------------------------------------------------------
コーポレート・コンディショニングの特徴

◆コーチングによる導き
◆チームビルディングを目的とした取り組み(ディスカッション等)
◆プロがサポートする個々に対するエクササイズによりプロフェッショナルとしての自己管理能力の向上

*ビジトレ体験イベントレポート
◆中小企業から大企業まで目的、環境などのニーズに合わせたカスタマイズ
◆講演、定期指導など
*IMPRESSIONによる定期連載記事。
◆弊社事業、グループワークアウト、SUP+plusへの招待・体験

より多くの企業様が個人、組織を見つめなおす機会として、よりワクワク感を感じる企業になるために弊社事業がお役にたてるのではないかと自負しております。働き方を変える。そのひとつのきっかけになれるような事業へと更に成長してまります。


体験会、モニター契約も致します。お気軽にご相談ください。
お問合せ
コーポレート・コンディショニングとは


^